スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンサム泥棒 Presents esne zopak JAPAN TOUR 2010

2010年10月06日 17:45

handsome109.jpg
  今週の土曜日はこれ!!

      ハンサム泥棒
ednezopak JAPANTOUR 2010

2010/10/09 SAT  OPEN/START 19:00

ADV:3,000YEN   /   DOOR:3,500YEN
handsome109.jpg




  SPECIAL GUEST LIVE
esne zopak from BASQUE COUNTRY

  GUEST LIVE
EKD / Mt.Paiot's
 
  GUEST DJ
Caribbean Dandy DJ SET
(藤井悟 a.k.a SATOLF / KZ SUDO(ZOOT-SS/THE ZOOT16)
AMEMIYA"BABYLON"KSK
TXAKO(JAPONICUS)
SAUDI(FZMX)
 
  DJ : KYOSHO / YASTAK / TA-1 / EMIRIO(HI-LIFE) / ARIWAKA(JET STREAM ATTACK!!!/GOODRATZ)










  TITTLE                                                                           
ハンサム泥棒 Presents esne zopak JAPAN TOUR 2010

  ジャンル           

REBEL MUSIC

  DETE               

2010/10/09(土)
OPEN 19:00

  FEE                              
ADV/¥3,000[w/1D]
DOOR/¥3,500[w/1D]

  ABOUT GUEST                                                                             
ESNE ZOPAK
http://www.myspace.com/esnebeltza
バスク出身の伝説的アーティストFERMIN MUGURUZA。そのFERMINのバックバンドを務めるメンバーが2006年に結成したバンドがESNE BELTZA(エスネベルサ)である。バスク語でESNE BELTZAとは「黒い牛乳」の意味だが、隠語で「白人が作ったBLACK MUSIC」という意味を持つ。バンド名の通り、SOUL、SKA、REGGAE等のBLACK MUSICに、LATIN、ROCK LATINO、MESTIZO等をブレンドさせた彼らの音は、真のメスティソ(混血)ミュージックだと言える。2009年、フジロックフェスティバルを含 む日本ツアーで初来日。ラジカルな歌詞にバスクの伝統楽器トリキティシャを重ねた個性的なサウンドは、日本全国で大きな反響を呼んだ。そんな彼らの二度目 の来日は、ESNE BELTZAを更にトラディショナルにしたプロジェクト、ESNE ZOPAK(エスネゾパック)での来日公演。ESNE ZOPAKはESNE BELTZAのメンバーがかねてから強く希望していた、バスクの伝統楽器・伝統音楽・文化を改めて見つめ直すという活動である。ESNE ZOPAKの作品には、トリキティシャやパンデーロをはじめとするバスクの伝統楽器奏者が多く出演しており、ともすれば人々の記憶から忘れ去られてしまう のでは・・?と危惧されるようなバスク音楽をピックアップしている。そんなESNE ZOPAKのアルバムを聴いて、まさに「温故知新」を体現しているESNE ZOPAKの世界観、温かさに感銘を受けたファンも多いのではないだろうか。伝統音楽をそのまま演奏するのではなく、彼らなりにアレンジして、DJのスク ラッチやサンプラーを芸術的にMIXしているあたりに、ESNE ZOPAKのメンバーの底知れぬ才能を感じる。もちろん彼らの十八番であるダンサブルな曲もあり、日本公演はMESTIZO FIESTA PARTYになる事間違いなし!

EKD
http://www.myspace.com/ekdfzmx
"未来世紀メキシコ" の一員としての活動の中で、ラテン文化圏の現在進行形レベル音楽に触れる事で強いパチャンガ・メッセージと出会う。2007年、"究極の初期衝動"と呼ば れたオリジナル1st アルバム『Para Todos Todo』をリリース、ギター、ベース、ドラム、サンプラー等、すべての楽器を一人で演奏し、多重録音によって生まれた奇異で鮮烈な1枚となる。同時にラ イブ活動を開始。 中南米で見られる様な土着的音楽スタイルを軸に、ギター(EKD)、ボタン(SAUDI)、ティンバレス(ピーチ岩崎 from COPA SALVO)という編成で活動中。Caribbean Dandyを通じてJAPONICUS主催のイベントや数々のフェスなどに出演。2009年夏、2ndアルバム『FANTASMA』をリリース。

CaribbeanDandy

http://www.myspace.com/caribbeandandy
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布 328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(THE ZOOT 16)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PACHANGA-SKA-ROOTS ROCK-DUB-STEPPER-DANCE HALL-JUNGLE...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオン リーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。STREET BEAT FESTIVAL 2005 (イタリア)、CALIFORNIA TOUR 2009 (アメリカ)、FUJI ROCK FESTIVAL (3回)、ROCK ON THE ROCK、RICO RODRIGUEZ JAPAN TOUR、THE BEAT JAPAN TOUR、川村カオリ・坂田かよ主催のHONEY HALL、VERY BE CAREFUL JAPAN TOUR、RADICAL MUSIC NETWORK、KAIKOO MEETS REVOLUTIONなど、そうそうたるイベントにも出演を果たした。踊れる楽しいMESTIZO (混血)の真骨頂です!奴らのDANDISMを感じよう。
競演したアーティストは... RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、LAUREL AITKEN、TURTLE ISLAND、 Mr SYMARIP、THE SLACKERS、THE BEAT、こだま 和文、CHRIS MURRAY、THE BUSTERS、U-BROWN、THE SKA FLAMES、 DETERMINATIONS、BANDA BASSOTTI、THE SKATALITES、THE TROJANS、THE ZOOT 16、 CARLTON LIVINGSTON、VERY BE CAREFUL、他...
また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWOKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。


  TICKET販売店             
DOUBLE BURGER / KNOCK ON WOOD / SKANDA / everyday records / Jet Stream Attack!!! / MANIER / AFTER ALL / SWAN DIVE / FUKKY'S
 
  問合せ                          
MANIER:076-263-3913 / manier@mairo.com



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://manier.blog46.fc2.com/tb.php/171-7a25233a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。